ブログ

英文校閲で失敗した【大失敗なのか詐欺なのか…】

どうにかして欲しい。

このように私に急いだ感じで、連絡が入りました。

非常に長いメッセージで、英文校正に失敗したとのことでした。また、お金も返してもらえないとその後で聞きました。

私は、先生がエディテージという英文校閲の会社に出した書類と変更点を見てみました。一体、何の構成をして20万円程度を頂いたんだろう?と思うくらい質が悪かったのを覚えています。

英文校閲はただせさえ、お金がかかる。

自分の書いた論文を英語で世界へメッセージを届けたい。これは誰もが思うでしょう。私もその1人なので、皆さんと考えていることと全く同じです。

1つ、そもそも大事な事を考えてみましょう。

このような某業社に論文を何本も書いたことのあるいわゆる、「研究者」がいるのかということです。

これを間違える・怠ると、酷い目に合います。私は、このように酷い目に遭った方から複数回、連絡を受けました。

「文章を英語に変更すること」と「英語論文を作成すること」は、全然違います。

私は英語が出来ないまま、アメリカに留学しました。(私の経歴

アメリカ人は、英語ができてうらやましかったです。

留学して7年後、アメリカの大学で教員となり、現在は、学生の英語を見ますが、文法でミスがかなり多い。非常にわかりにくい。

もちろん、全員アメリカ人です。大学生・大学院生です。

論文を出せるに値する文章を課題で提出してくる学生はほぼゼロです

そのため、英語が出来る = 英語論文が書けるとはいかない、なのです。

でも確かに、日本語を出来る人が、みんな日本語で上手に論文を書けません。

私もその1人でした。

「英語がどれだけ出来ても文章を書くのが苦手な人いる」

これは、本当に正しいです。そして、

英語が出来る = 英語論文が書ける

は明らかに間違っているんだなとよく気づかされます。

それを肌で体感したのが、メールでもあったようにエディテージやオナゴの翻訳の質が悪かったと連絡を受けた時です。

他の方もこのようにエナゴの翻訳をもう2度とあんなインドの会社は使わないと怒っています

英語が苦手な場合は、「出来ました!」と言われて頂く書類が良いのかさえわからない。私は以前、そうでした。

〇〇の査読者をしていますなど、非常にレベルの高い場所の査読者をしているというHPをよくみかけます。

私の経験上、多くの論文を掲載させないとそもそも査読者には選ばれないのです。そんな方が某業社で働いていることが考えにくいのです。

また、実際に聞いたことがありません。

私の英語が出来なかったころから、2日に1回査読をジャーナルにお願いされるようになった道のりはこちらでお話ししています

きっと、大学生の文章レベルの人・もしくは修士を取ったレベルの人が確認しています。

自分の努力して時間をかけた論文を校閲してもらうのは怖い。だってそれが、進学・昇格に関わってきますもんね。

私の経験上、しっかりとした研究者でないと、論文を書くのはそもそも無理なのです。

話を戻して、

私は、上のEmailであったお客様の英文校閲をお引き受けすることにし、

幸いなことに、無事に非常にレベルの高い雑誌に論文を通すお仕事ができましたこんなコメントを頂きました

数年前に、業者は怪しいと思っていた教員の方から「英語を校正して欲しい」とお願いされて、非常に喜んで頂け、

「これなら自分のが絶対に良いサービスが提供できる」と思って、

英文校閲を始めた、のがきっかけです。

論文を1度も書いた事がないというお客様の論文も無事に英語で掲載させるまでお手伝いもすることが出来ました。(こんなコメントを頂きました

是非、のぞいてみてください。自信を持って論文を海外のジャーナルに掲載させるお手伝いしますよ!

また、論文を英語で書くためのガイド(無料)についてもお客様や自分の以前のミスから作りました。

英語で論文を書く方には参考になると喜んでもらっていますので以下から、どうぞ!

イワツキ

英文校閲サポート はこちら

英文校閲でよくある質問 はこちら

著者の経歴 はこちら

著者の研究業績 はこちら

論文を英語で書くための限定公開の論文ガイドはこちら!(無料)

初めて書いた論文が英語論文として掲載されたお客様の感想 はこちら 

私のYouTubeの論文の話はこっちですよ!⬇️

PAGE TOP