わたし

「お前は英語がダメから留学しない方がいい」と言われたのが2010年。

私の経歴・学歴はこちら

私のYouTubeはこちら

2009年、大学まで大した勉強をすることなく、気づけば卒業。

中学はオール3。高校は、スポーツクラス。

大学卒業まで、頑張ったのは部活だけ。

勉強とは無縁で、大学の成績もGPAは2.1。

勉強しないとヤバイと気づく。

2010年、アメリカで博士号を取って、将来は大学教授になりたい。

と、考え始めるが、留学前の英語力0(TOEFL 23点)。

高校のスポーツクラス・大学卒業まで部活のみ。受験経験なし。

勉強しなかったツケが来たと思った。

大学 4年生のテニス部の頃のリーグ戦の思い出。

2011年、留学に出会い「勉強心」に火がつく。

英語がダメでも、どうしても成功させたかった。

英語学校で留学が成功するのか、焦りがすごかった。

2012年、大学レベルに達して、1学期間 、大学生として授業を受けた。最初は何がわからないのかも、わからなかった。

その後、大学院生(修士課程)になった。ここからは、一気に突っ走ったように思う。

2013年、大学院生で仕事獲得して、学費免除になった。

2014年、修士課程を最優秀学生で修了。生まれて初めて、勉強での表彰。

大学の男女テニス部の総監督にも就任した。

その後、また学費免除に給料支給で驚いた事に、3つの博士課程に合格した。

  • University of Nevada, Las Vegas (UNLV) / ネバダ大学
  • Florida State University / フロリダ州立大学
  • The University of Tennessee, Knoxville / テネシー大学

世界でトップの教授の元で学びたかったのでUniversity of Nevada, Las Vegasに進学(2015年)。博士課程では、勉強と研究にすいこまれる。

ヨーロッパ連合から研究費を獲得して、ヨーロッパのチェコで研究もした。

2018年、晴れて博士号を取得

7年越しの夢が叶った瞬間だった。

大学院生の時、授業を1人で教えた。

英語で学会発表。300 人の前での口頭発表では、緊張で手足がふるえた。

世界で有名な心理学の研究論文誌に論文が掲載 。

スポーツ科学では、世界で最も有名な研究論文誌に論文が掲載された。

フォローワー2億人超の団体がその論文を特集。

Screen Shot 2019-07-19 at 1.31.04 AM

大学院時代、合計 2,062万円 (193,400ドル)の学費・生活費は払う必要はなかった。

2018年から、アメリカの大学で教員。

私の専攻の運動学では、世界トップのペンシルベニア州立大学で教員になれた。

日本に一時帰国の際は、大阪大学、筑波大学、慶應義塾大学、同志社大学、大阪体育大学等、これまでで30大学以上でゲスト講演をした。

2020 年に、世界のNASA(アメリカ航空宇宙局)の研究評価員に抜擢。

2021 年から、世界15万人の従業員のGoogle社のメンタルパフォーマンスコンサルタントに就任。世界で15人のみの選出で、国際応用スポーツ心理学の会長もその1人。

Google社のパフォーマンスコンサルタントの活動

2022年から、70人の応募から選抜されハワイ大学の教員へ転職し、ハワイでの生活が始まった。

————————–

2011 年に留学し、アメリカに拠点を移した。

留学前は英語力ゼロに大学の成績 がさっぱりで、どんな未来になるのか何も見えませんでした。でも留学から以下の項目を順番に達成することが出来ました。

  1. 勉強に向き合えて、英語が話せるようになった。
  2. 世界中に友達が出来た。
  3. 最優秀生徒で修士号。
  4. 世界トップの教授の下で博士号。
  5. 学費免除に生活費支給で大学院。
  6. 多くの論文が英語で掲載。
  7. アメリカで大学教員になり、永住権も取れた。
  8. 他にお仕事が取れた場所は、Google社やNASA。
  9. これまで日本の30以上の大学でゲスト講師を務める。
  10. 複数の学生を学費免除で留学のサポートが可能になる。
  11. 複数の方の英語論文掲載のサポートが可能になる。
  12. 転職でとれた教員の仕事は、ハワイ大学。

今までの人生で一番恐ろしく、同時に最善の決断と思えるのは、間違いなく「留学」である。

「お前は英語が出来ないから留学しない方がいい」と言われたのが2010年。

無視してアメリカに来て本当に良かったとよく思う。

私は現在、グローバルに活躍できるように頑張っています。

英語全くダメな自分がここまでこれたなら、皆さんも絶対できると思うんです。

日本人は留学に対してあまり積極的でないように見受けられますが、世界で活躍する日本人が増えてほしいと願っています。

以下に書類・記事・YouTubeチャンネルあるので、参考にされてください。応援しています!

イワツキ(岩月猛泰)

YouTube チャンネル:

YouTubeチャンネル はこちら🌍

【2022年限定】無料応援ガイド:

アメリカ留学攻略ガイド(無料)

研究論文攻略ガイド(無料)

SNS:

Twitter

Instagram

Facebook

日本語の記事:

英語力0からアメリカで大学教員(海外日本人研究者ネットワーク)

TOEFL23点から修士課程に合格の道(米国大学院学生会#1)

修士号・博士号から新たなステージへ(米国大学院学生会#2)

アメリカで活躍する博士人材(北海道大学)

英語の記事/Articles in English:

Built a career in the U.S. (International Language Institute of Massachusetts)

International Spotlights-Global Faculty (Pennsylvania State University)

Takehiro Iwatsuki Takes Over as Springfield College’s Tennis Coach (Springfield College)

PAGE TOP