ブログ

【練習方法】自信を上げる1番はコレ【スポーツ心理学/メンタルトレーニング】

結論は、これ↓

”比較的”簡単な練習内容からのスタート

練習から「成功した!」って体験をさせてあげる

超、大事なんです。

このブログでは、2つ⬇︎のお話

  1. どんな事が自信をあげる⬆︎
  2. なんで”比較的”簡単な練習内容からのスタート?

私は➡︎アメリカ留学をして修士・博士号取得➡アメリカでスポーツ心理学を教える大学教員(自己紹介)

【練習方法】自信を上げる1番はコレ【スポーツ心理学/メンタルトレーニング】

何をしたら自信が上がるの?(1)

簡単にあげると…

  • 成功体験を練習で増やす(超大事)
  • 正しい目標設定
  • 前もった準備。準備。準備
  • リーダーシップ(周りにいるコーチなど)
  • 成功イメージを持つ
  • ポジティブ思考を増やす
  • ポジティブな声かけを増やす
  • 試合で高いパフォーマンスを出す
    • (これを達成するのが結果的には目標)

たくさんありますよね。

なんで”比較的”簡単な練習内容からのスタートが1番(2)

試合で高いパフォーマンスを出す(例の1番下)

これは1番、わかりやすいですよね。

本番で最高のパフォーマンスを出す事が出来た

✔️ 自信は上がらない人はいません。

どうやって本番で最高のパフォーマンスを出すか?

あらゆる教科書で言われる1番大事!なのが、

練習で成功体験を増やす!

➡︎ 自信をつけて試合に望ませる

比較的”簡単な練習内容からのスタートが1番

で自信をつける!

これ大事になるのです。

では、どうすれば良いか?

2つ例をあげます。

✔️ 練習の課題 ➡︎ 難しくしすぎていませんか?(例1)

特に、最初から選手がミスばかりしてしまう課題をあげるのはダメ

例えば、テニス。

ここに10球中8球入れたら成功だよ〜!

5球も入らないような選手にこのような難しい課題をあげると

練習から自信は上がっていきませんよね。

✔️ 試合前の練習 ➡︎ 今日は上手に出来た!(例2)

こんな感覚を作ってあげてください。

もちろん、ポジティブな声かけを増やすもよし。

大事なのは、簡単に達成できる練習課題ではなくて

➡︎ 達成できた・上手にいった!

という感覚の増える練習です。

まとめ.【練習方法】自信を上げる1番はコレ【スポーツ心理学/メンタルトレーニング】

結論は、これ↓

”比較的”簡単な練習内容からのスタート

✔️ 試合前では、特にミスを連発させてしまうような練習内容望んでいる以外は、いきなり強い人と練習試合をさせるなど、私はお勧めする事が出来ません。

非常に強い人とのマッチアップ

➡︎ ぼろ負け

➡︎ 試合に臨む

これでは、心理面が充実するのが難しく試合に臨むことになります。

もう1度言いますが、

✔️ 練習での成功体験を増やしてあげる

これは大事です。

✔️ 子供には、もっと顕著に差が出ます!

⭐️この記事が参考になった!→友人にシェア→嬉しいです⭐️

ひろ / Hiro / 岩月猛泰(自己紹介)

【4ステップ】ストレスからパフォーマンスを読む【メンタルトレーニング/スポーツ心理学】

自信をつける4つの方法.緊張には負けん!【メンタルトレーニング/スポーツ心理学】

やばい…。不安からメンタルがどうなる?でどうなる?【メンタルトレーニング/スポーツ心理学】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読登録


 

最近の記事

カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP