ブログ

「夢」と「目標」は違う【メンタルトレーニング/スポーツ心理学】

そりゃそうだ!

と思ってクリックして見に来た読者様。

いや、それは間違っている!

と思ってクリックして見に来た読者様。

割合はわかりませんが、前者と後者の2つに分かれるでしょう。

それは、個人の「夢」と「目標」についての考え方で違いが出てきます。

スポーツ心理学・メンタルのお話です。

単純ですが、読者様にこんな質問をさせてください。

読者様の「夢」は何でしょうか?

少しだけで良いので、考えてみていただけませんか?

考えたことがないと、以外と難しいものです。

仕事?私生活?などと今、

葛藤されているかもしれません。

それでは、読者様の「目標」は何でしょうか?

同じ類のもので考えてもらいたいです(さっき仕事で考えたのであれば、仕事)

少しだけで良いので、考えてみて頂けますか?

ここで、注目したいのは、

「夢」と「目標」が同じになったかどうかです。

もし、夢と目標が違う場合

もし、「夢」の方が「目標」よりも道のりが険しい。

別の言葉で書くと、「夢」の方が難しい場合

本当にこれは以前の私や多くの方を含め、よくあることなんです。

申し訳ないですが、その夢は叶いません。

もしくは、非常に叶いにくいのです。

私は、

「目標は、夢に締め切りがついたもの」と、伝えています。

この考え方は私はとても好きで、とても理にかなっています。

一つ、例をあげますね。

私は、「スペイン語を話したい」という目標であり夢がありました。

その時は、スペイン語を少しですが、毎日少し勉強をしていました。

今現在、私にとってスペイン語を話すことは、ただの夢です。

それは何故でしょうか。

スペイン語の勉強を全くしていないためです。

このまま行けば、叶うことは一生ありません

ただの夢です。

「いつか話せたらいいな〜」っという状態ですね。

これは、間違いなく叶いませんよね。

なので夢見心地なんです。

しかし、目標を持って、「毎日これだけ勉強する!」計画を立てます

いつまでに達成する(締め切り)、と時間も決めてあげます。

そして、

初めてその夢は目標に

その「目標は、叶う可能性のある夢」になります。

5年後に叶うかもしれない。

10年後に叶うかもしれない。

20年後に叶うかもしれない。

これはどれだけ勉強するか。

またいつまでに達成するかという、時間軸を決めてあげると

いつ達成したい目標であり夢が決まります。

それでは、どんな目標/夢を立てていこうか?といったように

私は、よく話します。

また、「計画性のない目標は、ただの夢」

も分りやすいですよね。

さて、読者様の夢は何でしょうか?

.

.

.

読者様の目標はどうでしょうか?

.

.

.

少しでも変化が出ましたでしょうか?

夏のキャンプの時の子供。もう彼らも今は大学生2年生 (2019年現在) (写真は、許可をもらっています^^)

————————-

子供からよく聞くのが、こんなようなものです。

夢 → ウィンブルドン優勝

目標 → 全国大会優勝

素晴らしい夢であり、素晴らしい目標であることに間違いありません。

(テニスに詳しくない読者様へ:ウィンブルドンは世界で1番レベルの高い大会とでも思っていただけると良いでしょう。)

この場合、

目標を達成してからの目標とでも言いましょうか。

先ほどもお伝えしたように、

「目標は、夢に締め切りがついたもの」ということを話し、

「じゃあ、いつに全国大会優勝しようか?」

「いつにウィンブルドン優勝しようか?」

と聞くと、

少なくとも少しずつ現実的に物事を考えるようになります。

本当にどうやってその目標・夢を達成しようか。どうしたら達成できるんだろう?と考えるようになります。

「全国大会優勝すること」を考えながら、日頃頑張るのか?

それとも「ウィンブルドン優勝すること」を考えながら、日々頑張るのか?

どちらが良いと思いますか。

後者の「ウィンブルドン優勝」を目指しながら練習した方(その意気込みを持って練習できるのであれば)が、

モチベーション(やる気)が上がると思いませんか。

3年間、これからウィンブルドン優勝を意識しながら練習する子供・選手。

3年間、これから全国大会優勝を意識しながら練習する子供・選手。

ウィンブルドンの会場の外に。お洒落ですね。

練習に取り組む姿勢が変わると思いますよ。

夢に向かいながら頑張るのか。目標に向かいながら頑張るのか。

(夢と目標が違うよくある場合ですね。)

じゃあ、ウィンブルドン優勝するために、どんなことしたら良いかな?

どういう風に、練習したら良いのかなぁ?

どういう事が、必要になってくるかなぁ?

など気軽に話しかけてみてください。

それは、無理だと思っている人に押し付けるわけではありません。

それは違います。

もし無理だと思ったら、目標を修正したらよいでしょう。

もし本当にウィンブルドン優勝できる・したいと思って頑張っているの(子供、プロテニス選手)に

無理だから目標を下げようと伝えるのは馬鹿げています。

本人が可能だ。と思っていれば(言っていれば)、可能です。

本人が無理だ。と思っていれば、無理です。

正直、子供なのでやる気をだして

目一杯、やる気を持って楽しく練習してくれたら

私はそれで良いと思ってます。

ここまで、子供と(基本的には)伝えしてきましたが、

これは全ての方々に当てはまることなのです。

このようなお話で少しでもやる気が上がって

練習に取り組む姿勢が変わるだけでも成功ですよね。

そのための、メンタルトレーニングですから。

だって、きっとその方が早く上達しますよね。

しかし、

「目標は、出来るだけ具体的であればある程よい。」

「どのようにそれの目標を達成するか達成出来るか。詳しければ詳しい方が良い」

と、「夢」と「目標」の話の後に、私は必ず伝えます。

————–

中学生の2年生くらいから、このような話はよくわかるようになります。

大人になればなるほど具体的に考えやすくなりますもんね。

簡単な例を1つあげますね。

例えば、友人の家に行く事を想像してみてください。

出来れば家から電車に乗らず、歩いてでも、

自転車でもそれほど遠くない方が良いです。

15分くらいかかる場所にしましょうか。

どうやって行きますか?

1番近い道で、効率の良い行き方を知っていませんか?

もし、知らない場合、少し時間をロスすると思いませんか?

友人の家に行くこと」が、ここでいう「目標」です。

もし「目標」が曖昧な場合。

たどり着くが、効率的には辿り着かない。

もし「目標」までの行き方がわからない場合(今回の場合であれば、わかるところを選んでいるのでそれはないですが…)、

辿り着きません。

話を戻して、

どのように目標を達成するのか?

これを深く探っていく必要があるのが、(最低少しでも)伝わりましたでしょうか。

例えば、全国大会で優勝するという目標(ウィンブルドンでも良いのですが)。

もちろん、子供にとって「何をしないといけないか全て知りなさい!」

は酷ですが、

例えば、全国大会にどのようにしたら出れるのかわからない人が

全国大会に出場することが出来るでしょうか。

  • 何をしたら出れるのか?
  • どんな事をしたら出れるのか?
  • どんな練習をどれくらいすれば出れるのか?
  • 1日何時間くらいしたら出れるのか?
  • その前にどの大会で結果を残さないといけないのか?
  • どのショットを上達させるべきなのか?

試合に勝つかどうか…

相手がいる事なので結果をコントロールすることは出来ません。

(みんな頑張っていて、頑張っている人は1人ではありません)

しかし、どうしたらその目標(夢)を達成するのかを考えずに

必死で、ただただ頑張ることは良いのか、ということです。

スポーツ心理学・メンタルトレーニング的に言えば、非効率的です。

この何をしないといけないか?

年齢が上がるにつれて、しっかりと考えていくことが出来る

いかないといけないないようになってきます。

頑張る」のは前提にあります。

「頑張っていない」人に成功はありません。

問題は、

どうやって頑張るのか?

どうやって、頑張ってもらうかです。

では、どのような目標を立てるべきなのか?

どんな目標が良いとされるのか?

今回は(も?)、私の大好きなスポーツを例に使って、簡単にお話しましたが、

これはスポーツに限らず、

全ての物事で考えることが出来ますよね。

仕事。営業成績。日々の勉強。試験勉強。就職活動。

そんな事を、また違うブログで書きたいと思います。

今日は、

  • 夢と目標の違い。
  • 「目標は、夢に締め切りがついたもの」
  • 「計画性のない目標は、ただの夢」
  • 「目標は、出来るだけ具体的であればある程よい」

といった内容でした。

「目標は、夢に締め切りがついたもの」

を考えてみる。

いつ読者様の夢・目標は達成されますか?

達成出来るように日々の行動を変えることによって、もうその目標は、

叶う可能性のある夢」ですよね。

こんな、スポーツ心理学・メンタルトレーニングに関してのお話でした。

お分りいただけたでしょうか。

「うん、うん」と、

頷けていただけているようであれば、嬉しいです。

読者様への「文章のプレゼント」

になった事を願っています。

もし、参考になって「是非、私の友人に伝えたい!」と思って頂けたらと、

是非、シェアしてくださいね。

私の今の夢をここに載せていますので、みてくださいね!

他のスポーツ心理学の内容に興味がある方が、いらっしゃるかもしれませんので、プレッシャーや緊張の時にどうしたら良いのか?という内容のリンクを下に貼っておきますね!

今日も皆様、どうもありがとうございました。

ひろ / 岩月 / Hiro

PAGE TOP