活動内容・経歴

YouTubeへのリンクはこちらから!

** 1)講演活動

→ 2)メンタルトレーニング

→ 3)メディア

→ 4)プレゼン

5)経歴

6)研究活動 / myResearch

7)実験室 (Lab) + Research Assistants

*** 「体験」留学! ↓

アメリカ体験留学(1・2週間)

1)講演活動 / Guest Lecture

講演実績

これまで大阪大学、筑波大学、慶應義塾大学や大阪体育大学など16大学で講演を行いました。内容は:

  • スポーツ心理学、メンタルトレーニング
  • 運動学習、心理学、研究活動
  • アメリカ留学、英語の学習方法、アメリカ大学の仕組み
  • コーチングなど…

2020(予定: 6月20日から一時帰国)

  • 日本体育大学 (スポーツ文化研究 – 大学生)2020.6.25
  • 獨協大学   (総合講座 – 大学生)2020.6.25
  • 日本大学   (スポーツ心理学 – 大学生)2020.6.26
  • 慶應義塾大学 (スポーツ心理学 – 大学生)2020.6.29
  • 同志社大学  (日時は未定)
  • 大阪体育大学 (日時は未定)
  • 武庫川女子大学(日時は未定)

2019 (大学のみ記載)

2018(大学のみ記載)

講演ジャンル (スポーツ、コーチング、留学、語学)(大人から子供まで

  • 英語ゼロからアメリカの大学教員へ!
    • 急激に英語のレベルを上げる方法.
    • 英語を伸ばす為に出来る生活環境の改善とは?
  • どのように運動のスキルを上手に獲得するのか?
    • 「どっちが良い?」自主性や選択肢を与える重要性.
    • 「僕・私になら出来る!」が与える運動への効果.
  • 心を強くしよう – メンタルトレーニング!
    • 結果を達成するための目標設定.
    • 大事な場面で力を出す方法.
    • 仕事で自信をつける方法.
  • コーチングの在り方.
    • アメリカ大学のスポーツの仕組み.
    • 大学男女テニス部総監督としての経験・私のコーチング哲学とは?
    • アメリカ大学の仕組み・学生のスポーツへの取り組み方.
  • 大事なプレゼンを成功させる準備と心構え.
    • まず何から取り掛かる?
    • どうやって練習したら良い?
  • 偏差値って何? – 勉強ゼロの出発から掴む夢.
    • 勉強嫌い→勉強熱心→アメリカ大学教員

企業研修

  • 結果を達成するための目標設定
  • やる気とコミュニケーションの化学反応
  • 仕事で自信をつける方法

*** 講演や研修 ↓

講演・研修

海外講演実績

  • ネバダ大学  (アメリカ)2017.12
  • パラツキー大学(チェコ)2016.5
  • 国際学会での口頭発表15分(質疑応答3分)
    • 北米スポーツ心理学・身体活動学会 (2017, 2019)
    • 応用スポーツ心理学学会      (2014, 2016, 2017)
    • 南アジアスポーツ心理学学会    (2014)

2)メンタルトレーニング実績 (主な)

  • ハーバード大学(Harvard University)2013〜2014
  • スプリングフィールド大学 (Springfield College)2012〜2014
  • マウント・ホリヨーク大学 (Mount Holyoke College)2013〜2014
  • ジュニアアルペンスキー強化指定選手  2009〜2011 (リンク)
  • テニスクラブ  2017〜

**メンタルトレーニング 

メンタルトレーニング

3)メディア Media

  • Runner’s World: “To Run More Efficiently, Follow Your Bliss” (Article)
    • フォローワー数2億人の団体「ランナーズワールド」に、ランニングの効率良い方法として研究が特集された(下)。
  • Penn State Research News: “Professor asks: Does personal choice influence motor skill performance?”(Article)
    • 大学の研究ニュース: 選択肢は運動のパフォーマンスに影響を与えるか?

4)プレゼン / 3-Minute Presentation

大学のプレゼンテーションのイベントで全大学院生の3000人の中から上位 9人に選ばれました。

下記のファイナリスト (UNLV)が上位 9人選ばれた時の観客 800人の前で3分間のプレゼンです。

  • ファイナリスト (UNLV), 2016: Learning through choices? (Video)
  • セミ-ファイナリスト (UNLV), 2015: Why do we succeed or fail under pressure? (Video)

5)経歴

経歴:

愛知県出身。1986年生まれ。

栄小学校➡︎栄中学校➡︎日本大学三島高等学校

➡︎日本大学文理学部体育学科➡︎日本大学大学院。

中・高の保健体育専修免許を取得。

学生時代はテニス部

  • インターハイ団体ベスト4・ダブルス高校ランキング10位
  • インカレ単・複出場; 関東学生単ベスト4・複ベスト8
  • 大学対抗リーグ戦を経験

渡米後

  • 修士号スプリングフィールド大学)
    • スポーツ心理学を学び、同学やハーバード大学など他大でメンタルトレーナーとして活動。
  • 博士号(ネバダ大学ラスベガス校)(運動学博士)
    • 運動スキルの獲得やパフォーマンスの向上方法を学び、教授の研究を補助し、スポーツ心理学・運動学習の教鞭をとる。

現在は、ペンシルベニア州立大学(アルトナ校)の教員

  • 教鞭を執る
    1. スポーツ心理学
    2. 応用スポーツ心理学
    3. 運動学習・制御
    4. 運動発達
    5. 研究方法論
    6. 運動学入門
  • 研究活動を行う

世界へ羽ばたき・活躍できる人材の育成が出来たら良いなと思っています!!

職歴:

  • ペンシルベニア州立大学(アルトナ校) 助教

  • ネバダ大学ラスベガス校 研究アシスタント / 講師 2015/8-2018/5
  • パラツキー大学(チェコ)研究員 2015/5-2016/8
  • エアーフォースアカデミー メンタルトレーナー 2014/6, 2015/6
  • マウントホリヨーク大学 アシスタント講師  2014/1-2015/5
  • スプリングフィールド大学 男女テニス部総監督 2014/7-2015/5

  • 同学 男子テニス部アシスタントコーチ / 体育講師 2012/9-2014/6
  • 日本大学付属幼稚園 運動の先生 2010/4-2011/3

 

6)研究活動 / Research

ResearchGate

Google Scholar

*共同研究 ➡︎  お問い合わせ

研究論文 / Recent Peer-Reviewed Articles

  1. Iwatsuki, T., & Andrew, A. (In Progress). Effect of Superstition on motor skill learning.
  2. Iwatsuki, T., & Otten, M. (Submitted). Providing choice enhance motor performance under psychological pressure.
  3. Iwatsuki, T., & Regis, J. C. (Submitted). Enhancing expectation through providing relatively easy criteria for success enhances motor learning.
  4. Iwatsuki, T., Hui-Ting, S., Abdollahipour, Z., & Wulf, G. (2020). More bang for the buck: Autonomy support increases muscular efficiency. Psychological Research.
  5. Iwatsuki, T., Navalta, J., & Wulf, G. (2019). Autonomy enhances running efficiency. Journal of Sports Sciences, 37(6), 685-691. (Link)
  6. Chua, L., Katrina, D. M., Iwatsuki, T., Abdollahipour, Z., & Lewthwaite, R., & Wulf, G., (2019). Practice variability promotes an external focus of attention and enhances motor skill learning. Human Movement Science, 64, 307-319. (Link)
  7. Iwatsuki, T., Van Raalte, J., Brewer, B., Petipas, A., & Takahashi, M. (2018). Relations among reinvestment, self-regulation, and perception of choking under pressure. Journal of Human Kinetics, 65, 281-290. (Link)
  8. Iwatsuki, T. (2018). Movement efficiency through autonomy support. (Doctoral Dissertation). Available from ProQuest Dissertations and Theses database. (Link) 
  9. Van Raalte, J. L., Cornelius, A., Mullin, E., Brewer, W. B., Van Dyke, E., Johnson, A. J., & Iwatsuki, T. (2018). I will use declarative self-talk… or will I? Replication, extension, and meta-analyses. Sport Psychologist, 32, 16-25. (Link)
  10. Wulf, G., Iwatsuki, T., Machin, B., Kellogg, J., Copeland, C., & Lewthwaite, R. (2018). Lassoing skill through learner choice. Journal of Motor Behavior, 50(3), 285-292. (Link)
  11. Iwatsuki, T., Abdollahipour, Z., Rudolf, P., Lewthwaite, L., & Wulf, G. (2017). Autonomy facilitates repeated maximum force productions. Human Movement Science, 55, 264-268. (Link)
  12. Hagiwara, G., Iwatsuki, T., Isogai, H., Van Raalte, J. L., & Brewer, B. (2017) Relationship among sport helplessness, depression, and social supports with teammates among American student-athletes. Journal of Physical Education and Sports, 17(2), 753-757. (Link)
  13. Iwatsuki, T., Takahashi, M., & Van Raalte, J. (2016). Effects of the intention to hit a disguised backhand drop shot on skilled tennis performance. International Journal of Sport Science & Coaching, 11(3), 365-373. (Link)
  14. Iwatsuki, T. & Wright, P. (2016). Relationship among movement reinvestment, decision-making reinvestment, and perceived choking under pressure. International Journal of Coaching Sciences, 10(1), 25-35. (Link)
  15. Iwatsuki, T., Van Raalte, J., Brewer, B., Petipas, A., & Takahashi, M. (2016). Psychological factors related to choking under pressure. International Tennis Federation Coaching and Sport Science Review, 68, 11-12. (Link)
  16. 岩月猛泰,高橋正則(2014)テニスのバックハンドにおけるドロップショットの動作解析: バックハンドのスライスと比較して.テニスの科学,22,11-22.(Link)
  17. 岩月猛泰,高橋正則(2012)コートサーフェス別のファーストサービスに着目した世界一流テニス選手のゲーム分析: ロジャー・フェデラー対ラファエル・ナダルの場合.テニスの科学,20,1-12.(Link)
  18. 岩月猛泰,高橋正則,渡部悟(2011)世界一流男子テニス選手におけるファーストサービスに着目したゲーム分析.桜門体育学研究,45(2),19-26.(Link)
  19. 高橋正則,水上博司,鈴木理、野潤,大嶽真人,佐藤秀明,近藤克之,岩月猛泰(2009)大学新入生の超音波法による骨密度と体力および生活習慣との関係.桜門体育学研究,44(1),1-14.(Link)

英文校正(論文投稿・学会発表)

英語論文を作成するサービスを始めました。

ネイティブチェックは勿論のこと、APAフォーマットへの構成、カバーレターの作成、投稿雑誌の選択から再構成など論文掲載までをお手伝いするサービスです。

「文章を英語に変更すること」と「英語論文を作成すること」には大きな違いがあります。英語が出来る = 英語論文が書けるとはいきません。

某会社の翻訳の質を見たときに、あまりに酷いと思いました。このサービスは海外投稿雑誌掲載のための英語論文作成・海外での学会発表を目的としたものです。

*** 英文校正や学会発表のサポート↓

英文校正(投稿論文・学会発表)

学会発表 / Conference Presentations

* NASPSPA (North American Society for Psychology of Sport and Physical Activity); AASP (Association for Applied Sport Psychology)

  1. Abdollahipour, Z., Iwatsuki, T., & Shih, H. (2019). Autonomy support enhances movement efficiency. Australasian Cognitive Neuroscience Society (ACNS), Launceston, Australia.
  2. Iwatsuki, T., & Otten, M. (2019). Providing choices enhances motor performance under psychological pressure. AASP, Portland, Oregon.
  3. Iwatsuki, T., Shih, H., Abdollahipour, Z., & Wulf, G. (2019). More bang for the buck: Autonomy support increases muscular efficiency. NASPSPA, Baltimore, Maryland.
  4. Sato, T., Iwatsuki, T., & Barbosa, A. (2018). Effects of participation in a six-week exercise program on senior citizens’ well-being: Quantitative and qualitative analyses. AASP, Toronto, Canada.
  5. Takahashi, M., Isogai, H., Mizuochi, F., Iwatsuki, T., & Van Raalte, J. L. (2018). Prediction of tennis serve direction: Expert tennis players’ visual attention and microsaccades. AASP, Portland, Oregon.
  6. Iwatsuki, T., Navalta, W. J., & Wulf. G. (2018). Autonomy enhances movement efficiency. NASPSPA, Denver, Colorado.
  7. Iwatsuki, T., Chua, L., Abdollahipour, R., & Wulf. G. (2017). Random relative to blocked practice promotes an external focus and leads to more effective motor learning. AASP, Orland, Florida.
  8. Iwatsuki, T., Abdollahipour, Z., Rudolf, P., Lewthwaite, L., & Wulf. G. (2017). Autonomy facilitates repeated maximum force productions. NASPSPA, San Diego, California.
  9. Iwatsuki, T. (2017). Does autonomy support enhance movement efficiency? Norwthwest Regional AASP, Springfield, Massachusetts.
  10. Iwatsuki, T., & Wulf. G. (2016). Giving learners task-relevant or task-irrelevant choices enhances motor skill learning. AASP, Phenix, Arizona.
  11. Iwatsuki, T., & Wulf. G. (2016). Does random practice promote a more effective focus of attention than blocked practice? NASPSPA, Montreal, Canada.
  12. Wulf. G., Machin, B., Kellogg, J., Copeland, C., Lethwaite., & Iwatsuki, T. (2016). Lassoing positive affect and motor learning through choice. NASPSPA, Montreal, Canada.
  13. Van Dyke, E., Van Raalte, J. L., Vincent, A., Johnson, A., Caldwell, C., Iwatsuki, T., Shu, J., Maaranen-Hincks, A., & Brewer, B. (2015). The Effects of Interrogative and Declarative Self-Talk on Performance: Replication and Extension. The 14th European Federation of Sport Psychology, Bern, Switzerland.
  14. Iwatsuki, T., Van Raalte, J. L., Brewer, B., & Petipas, A. (2014). Choking under pressure in tennis: Relationship among reinvestment, self-regulation, and perceived choking. AASP, Las Vegas, Nevada.
  15. Iwatsuki, T., Van Raalte, J. L., Brewer, B., & Petipas, A. (2014). Psychological factors related to choking under pressure in tennis. Asian-South Pacific Association of Sport Psychology (ASPASP), Tokyo, Japan.
  16. Iwatsuki, T., Wright P., & Van Raalte, J. L. (2014). Relationships among perceived choking, movement reinvestment, and decision reinvestment in collegiate athletes. NASPSPA, Minneapolis, Minnesota.
  17. 岩月猛泰,高橋正則,田中伸明(2011)予測されないように意図して打球したドロップショットの3次元動作解析.テニス学会,東京.
  18. 田中伸明,高橋正則,佐藤雅幸,澁谷隆良,水野忠知,岩月猛泰(2011)ゲーム中のポイント間の時間について: Roger Federer vs Nikolay Davydenko 戦を対象として.テニス学会,沖縄.
  19. Iwatsuki, T., Suzuki, T., Mizuochi, F., & Kondo, K. (2010). Control of exercise intensity using lactate curve as an indicator in summer training of cross-country skiers. 5th International Congress on Science and Skiing, Innsbruck, Austria.
  20. 岩月猛泰,高橋正則 (2010)予測されないように意識して打球したドロップショットにおける運動制御.桜門体育学会,東京.
  21. 岩月猛泰,高橋正則,吉本俊明(2010)テニスのバックハンドにおけるドロップショットの3次元動作解析.体育学学会,愛知.
  22. 岩月猛泰,水落文夫,鈴木典,佐藤秀明,近藤克之(2009)世界一流選手の対戦におけるサーフェスの違いからみたゲーム分析.テニス学会,沖縄.
  23. 高橋正則,水落文夫,鈴木典,田中伸明,岩月猛泰 (2009)セルフトークがテニスのパフォーマンスに及ぼす影響.テニス学会,沖縄.
  24. 鈴木功士,岩月猛,水落文夫(2009)大学生テニス選手はどのようにしてテニスに専心していったか: 日本人選手と留学生の比較.テニス学会,沖縄.
  25. 岩月猛泰,粟野壽子,荻根沢千鶴,城間修平,西村久毅,高橋正則,水落文夫(2009)合宿所で生活する運動部員のストレス反応に影響する要因: ストレッサー歴と心理的成熟度に着目して.スポーツ心理学学会,東京.
  26. 深見将志,橋口泰一,伊藤英之,鈴木功士,五十嵐裕紀,岩月猛泰,平野好乃,菊池富士夫,水落文夫(2009)ジュニアスキー選手のイメージ想起能力およびイメージトレーニングの効果.スポーツ心理学学会,東京.
  27. 岩月猛泰,高橋正則,吉本俊明(2009)世界一流テニス選手のファーストサービスに着目したゲーム分析.体育学学会,広島.

研究費 / Research Grants

  • 大学生研究アシスタント助成金 (ペンシルベニア州立大学)  80万
  • 学会発表補助費 (ペンシルベニア州立大学)  22万
  • 研究開発助成金 (ペンシルベニア州立大学)  41万
  • 初期研究費 (ペンシルベニア州立大学)  605万
  • 大学生研究アシスタント助成金 (ペンシルベニア州立大学)  45万
  • 博士課程研究アシスタント(ネバダ大学ラスベガス校)  1,286万
    • 学費全額免除と生活するための給料3年間分
  • 博士課程特別研究費 (ネバダ大学ラスベガス校)  77万
  • 国際研究費 (ネバダ大学ラスベガス校)  12万
  • 学会発表補助費 (ネバダ大学ラスベガス校)  12万 x2
  • 研究発表補助 (サウスウェスト航空)  6万
  • ヨーロッパ連合研究助成金 (Erasmus+Mobility Research Grant)  52万
  • 研究助成金 (国際テニス連盟: ITF)  23万
  • 研究奨励賞 (日本テニス学会)  5万

7)実験室 / Lab + Research Assistants (RAs)

スポーツ心理学・運動学習実験室 / Sport Psychology & Motor Learning Lab

私の頼れる硏究アシスタント! / My Excellent RAs!

実験室の大きさは8×4メートルで、バランス能力を測るスタビリィティープラットホーム、医学の実験で使う器具があります。現在、5人の研究アシスタントが実験のデータを取ってくれています。大学の記事:

Our research focuses on understanding factors that influence motor learning and performance in sport and health-related fields! 

Current Research Assistants

  • Leah Gitto (Junior-Kinesiology)
    • Lab Manager 
  • Aaron Andrews (Junior-Biology)

Previous Research Assistants

  • Collin Weber, BS (Doctor of Physical Therapy, Univ. of Nevada, Las Vegas – UNLV)
  • Emily Nawroth, BS (Doctor of Physical Therapy, Marshall University)
  • Tanna Gushiken, BS (Sciences of Occupational Therapy, A.T. Still University)
  • Luis Flores, BS (Specialist, Orthopedic Clinic)
  • Julien Mihy, BS (Master’s, UNLV)
  • Bryan Casas (Senior, UNLV)
  • Kana Ames (Senior, UNLV)
  • Adhassa Louis (Junior, Penn State Univ)
  • Zoe Mchugh (Junior, Penn State Univ)
  • Kierra Irwin (Junior, Penn State Altoona)
  • Claude Regis (Sophomore, Penn State Altoona)

⬇︎ 大学教員もYouTuber  ⬇︎ 

SNS(気軽にフォローどうぞ!):

購読登録


 

最近の記事

カレンダー

2020年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP