ブログ

【体験談】大学院の進学・合格率UPに1番大事なコト

結論は ↓

皆様のやりたい研究を指導教官がしているか調べる!

(プログラムで選ぶよりも指導教官で選べ!)

それを調べることは非常に大事なのです。

さらに掘り下げていくと、この2つの理由があります。

  1. 大学院への合格率が上がる
  2. 研究で良い経験が出来る(博士課程は絶対!)

これはどの国で博士課程をやるにしても1番大事な事

2つを体験談を入れてお伝えします。

これは、修士課程に行きたい大学生・博士課程に行きたい大学院生へ!

私は、アメリカで修士号・博士号取得→2018年〜アメリカの大学教員です(自己紹介

大学院への合格率が上がる【博士課程】大学院の進学に1番大事なコト【体験談】

もちろん、大学院をプログラムで選ぶのは大事でしょう。

でも、博士課程の場合

研究活動に対する比重が、修士課程より一気に上がります。

指導教官が読者様の興味のない研究をしている場合。

私は、この研究をやりたいです!

っと嘘をつかない限り、合格率は下がります。

それは、何故か?

指導教官は彼・彼女の興味のある研究に、

興味のあり・研究が出来る大学院生を探してます。

教授に博士課程(や修士課程)の進学を相談して、どんな研究がやりたいの?

と聞かれて、

教授の興味のない研究がやりたいとなった場合

合格する確率が一気に下がるのです(これは競争率の高い場所なら間違いない)

修士課程を考えている大学生の皆様へ

大学生で修士に行く時に「こんな研究がしたい!」と考える学生はほとんどいません。なので、もし皆様がそれがあって、指導教官になる教員に連絡した場合。

合格率がグッと上がるでしょう!

皆様が、一気に”特別”になって、他の応募者と差別化できますよ!

研究で良い経験が出来る【博士課程】大学院の進学に1番大事なコト【体験談】

指導教官とかなりの時間を共にすることになります。

(1)で合格率が下がるとお伝えしましたが、

読者様も選ぶ立場にあるのです。

こんな事を問いかけてみて下さい(私はこの順序で選びました)。

  • どんな研究に興味があるか?(見つける方法はここ
  • その先生はどの大学に勤めているのか?
  • その大学で勉強が出来るのか?

この3つを考えて、皆様が

  1. 応募しようとしている
  2. 応募した
  3. 合格して進路を考えている

場合→ 完璧です。

〇〇の研究に興味があって、それが○○大学の〇〇先生のところで出来る

こうなったのと同じです。

その為、指導教官が全く興味のない研究をしている場合は、

読者様も辛い。指導教官もなかなか大変。

辛いですよね(博士課程は100%そうです)

そんなところなんて行かなければ良い(博士課程は特に!)

これが私の考えです。

私は、スポーツ心理学を学べる15大学(アメリカ)の中にある、テネシー州立大学ノックスビル校、南バージニア大学、フロリダ州立大学や他4つの博士課程も真剣に考えました。

最終的には、ネバダ大学ラスベガス校で Gabriele Wulf 教授の研究室を選んでいます。理由は単純ですが、この2つ:

  1. 研究の興味が全く同じだった
  2. 学費免除のお仕事が貰えた

どの大学を卒業したのか?も大事ですが、

誰と何の研究してどんな成果が残っているか?

の方が大事です。

どんな研究をしたいのかを考えて行くと、進路が絞れてくるでしょう!

まとめ.【博士課程】大学院の進学に1番大事なコト【体験談】

結論は、

皆様のやりたい研究を指導教官がしているか調べる!

  1. 大学院への合格率が上がる
  2. 研究で良い経験が出来る(博士課程は絶対)

この2つでしたね!

「読者様への文章のプレゼント」になったと嬉しいです。

参考になったら、友人へのシェア→嬉しいです

ではまた〜!

ひろ / Hiro / 岩月猛泰(自己紹介)

スポーツ心理学を学べる11大学・大学院!(日本)【メンタルトレーニング】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読登録


 

最近の記事

カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP