サービス

英文校正(投稿論文・学会発表)

英語論文・海外での学会発表の文書を作成するサービスを始めました。

ネイティブチェックは勿論のこと、APAフォーマットへの構成、カバーレターの作成、投稿雑誌の選択から再構成など論文掲載までをお手伝いするサービスです。

「文章を英語に変更すること」「英語論文を作成すること」には大きな違いがあります。留学した当時は、英語が出来る人がみんな賢く見えました。今は授業で課題を出すことがあるので、学生の英語を見ますが、文法でミスがあったり、分かり難いかったりします。

日本語を出来る人が、みんな日本語で上手に論文を書けるでしょうか。とはいきません。

「そりゃ英語が出来ても文章を書くのが苦手な人いるよな」、っと感じるようになりました。さらに、

英語が出来る = 英語論文が書けるとはいきません。これは間違いない事実です。

それを肌で体感したのが、某会社の翻訳の質を見たときに、あまりに酷いと思いました。学生以下のような英語で、それを平気で「出来ました!」と送っている業者がある事が正直、本当に寂しいです。もし自分がお金を出している立場であったら、憤り覚える。あれは本当に言い方がキツイかもしれないですが、詐欺です

以前の僕を含めて英語が苦手な場合は、「出来ました!」と言われて頂く書類が良いのかさえわからない。

しょうがないですが、これは恐い事実です。誰が訳したのかもわからない。それ文章を良いと思い込むしかないのです。

ここで、私の中で大きな疑問があります。そこで働いている人が論文をかけるのか?

論文を書いて、何処かに投稿して、論文を通したことがあるのであろうか。

でも、確かによく考えてみると、そうですよね。そのような会社に良い研究者が働いているのでしょうか。

良い研究者は、良い仕事を持っていて大学で勤務しています。

もしくは研究者として企業で活躍されています。そこでは働きません。

言い方は少し酷いかもしれませんが、大学を出た英語が話せる方。もしくは修士。

極めて少ないと思いますが、少しの可能性を考えて博士号までとったけど、仕事が取れなかった方。この中の誰かで、

大半は、大学を卒業した程度の論文を書くレベルからはかけ離れた「英語が出来る」人がやっているだけです。

日本で論文をお書きになられた皆様・論文指導をされた皆様であれば、わかるでしょう。

自分の英語で投稿したい論文を、大学生のレベルの英語が話せる方にお願いして書いてもらうでしょうか。

きっと、信用はしないだろうと思います。私は、大学生の文章も読んで添削もしていますが、論文を出せるに値する文章を課題で提出してくる学生はほぼゼロです

そのため、英語が出来る = 英語論文が書けるとはいきません。これは間違いない事実なのです。

これが、私が辿り着いた結論です。

何回かお願いされて喜んでもらうことが出来て、これなら「自分のが絶対に良いサービスが提供できるんだな」と思って、細々とですが始めました。

このサービスは海外投稿雑誌掲載のための英語論文の作成や、海外での学会発表を目的としたものです。全ての書類にネイティブチェックもついています(もし、依頼が多い場合は、いっぱい掛け持って雑になるのは嫌なので、その際はお断りさせて頂きますので、ご理解くださいませ)。

論文作成や海外での学会発表に興味ある方はお問い合わせから連絡下さい。

** もちろん、論文ではない文章の相談も承っておりますので、気軽にご連絡ください。論文でない文章であれば、全く問題なしです。

——————————–

論文掲載実績 – インパクトファクター (IF)

インパクトファクター(IF)とは、論文のレベルの高さを示すものであり、他の研究者に使用される回数などあらゆるものから評価して付けられる点数になります。スポーツ科学ではJournal of Sports Sciences (2.7)とHuman Movement Sciences (2.1)は世界トップです。スポーツと心理学の領域では、Psychological Research (2.4)やSport Psychologist (1.5)が世界でも有名な論文掲載雑誌になります。現在は、スポーツと心理学で最高の評価を受けているPsychology of Sports and Exercise (3.2) へ論文を通そうと切磋琢磨。

インパクトファクター 2.7 !

  • Psychology of Sports and Exercise (IF: 3.2)
      • 1本の論文が現在査読中
  • Journal of Sports Sciences, 2019 (IF: 2.8)
  • Psychological Research, 2019 (IF: 2.7)
  • Human Movement Sciences, 2017, 2019 (IF: 2.1)
  • Journal of Motor Behavior, 2018, 2020 (IF: 1.5)
  • Sport Psychologist, 2018 (IF: 1.4)
  • Journal of Human Kinetics, 2018 (IF: 1.4)
  • International Journal of Sport Science & Coaching, 2016 (IF: 1.2)
  • Journal of Physical Education and Sports
  • International Journal of Coaching Sciences
  • Coaching and Sport Science Review

購読登録


 

最近の記事

カレンダー

2020年2月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP