サービス

アメリカ体験留学(1・2週間)

こんな悩み・こんな人生を考えている方へのプログラムです。

  • アメリカ留学に興味があって、どんなものか体験してみたい。
  • 本場の英語に触れてみたい。
  • 最先端のアメリカでスポーツ科学に触れてみたい。
  • 留学を将来決めているが、体験留学で留学で成功する為の心得を学びたい。
  • アメリカのコーチングに触れてみたい。
  • 自分の英語を体験入学の1週間で試してみたい。
  • 将来、グローバルに世界で活躍するための準備をしたい。

1週間程度の短いペンシルベニア州立大学(アルトナ校)での、

体験「留学」です。

大学の入り口はこんな感じです

スケジュールは、私の授業の予定が変わるために毎学期変更が少しありますが、以前提供させて頂いた

体験「留学」のスケジュールはこんな感じ↓

学生の希望で、土曜日にアメリカンフットボール(全米人気1位)・観客動員数11万人(全米2位の大きさ)の試合へ!(トップの写真も同じ場所ですが、夜の試合です)

スケジュールの詳細:

午前中(2時間程度):学部生と一緒に授業を受けてみる(英語出来る・出来ない関係なくです…笑)
    • 授業は、スポーツ心理学、運動学習、健康科学、運動学入門、研究方法論、トレーニング基礎です。
    • 英語が苦手な人がほとんどですが、ほどんどわからなくても、気楽に聞いてください。
    • 授業で使うスライドは、事前に配布するので予習が出来ます。
    • 英語がわからない場合は、「わからない事が、わかった」→これだけでも一歩前進です。
昼:研究アシスタントや大学生と一緒に学食を食べる→英語にさらに触れる。
    • 初日は、私も皆さんと一緒に食事をします。いきなり、アメリカ人だけの中に「じゃあ、楽しんでね」は、大変なのはわかっております。
    • 以前、全く英語が出来ない生徒が来て、最初は気まずそうでしたが、最終日は楽しそうでした。最初は、難しいですが、会話って本当にそんなもんなんですよ!

学生のランチを食べる場所です!カフェテリアです。

午後(1時間半程度):解説
  • 午前の授業を簡単に、どんな事を話していたのか伝える。質問を聞く。
  • 1)留学、2)英語の学習方法、3)スポーツの文化、4)個人の悩み(もちろんスポーツ心理学に関する専門的な話でもOK。スポーツ心理学・メンタルトレーニングなら私は何時間でもお伝えできますのでw – スポーツ心理学に関する授業はアメリカで3つ教えていて、1つの授業は2時間半で15週間 x 3つなのできっと信じて頂けますね!)に関して、自分が答えられる範囲で全部答える。
  • 私の経験上、学生1人1人によって質問が違うので、「教えて欲しいものを存分に余すところなく伝える」に毎回なります。
夕方:部活動の見学。シーズンによって、練習をしている・していない部活とあります。例えば:
    • 月水はサッカー部・火木は野球部の練習を見学という感じです。
    • 見学したい部活があれば、要望を仰って頂いて結構です。以前:
      • 1)私は男女テニス部の総監督をとして他大学で活動していた
      • 2)アスレチックデパートメントと運動学学部のあるビルは同じ
        • → コーチ陣とは仲良しです ^^
    • 部活がだいたい4時から6時
    • そのあとは夕食です。

キャンパスの真ん中にある池です。

私の研究アシスタントです。

空いている時間は、以下になります。
  • 大学見学(キャンパス、図書館、教室、コーチのオフィスなど)
  • 施設見学(ジム、トレーニングルーム、アスレチックトレーナーの施設など)
  • 研究アシスタントの仕事の見学
  • 研究アシスタントとしての仕事をこなしてみる(希望の場合)
  • 部活の試合を見る
  • 街を見る(買い物やお土産も含め)

キャンパスの風景 #2

** 授業は、上記でお伝えした通り、スポーツや健康科学関係なので、スポーツ関係に興味がない方々にはオススメできません。

こんな人にオススメ:
  • 「運動してる・してた」
  • 「やる気に満ち溢れている」
  • 「運動・健康科学に興味ある」
  • (→アスレチックトレーナー、メンタルトレーナー、コーチ、教員、トレーナーを目指している)
  • 「留学に興味がある」
  • 「自分自身に挑戦したい」

正直なところ、この1週間で体験は出来ます。でも英語をここで一気に上げるのは無理です(嘘はつきません。10日デ英語ぺらぺらになるみたいな宣伝ありますが、そーゆーのは全部無視してください。スポーツと英語は一緒で、上手になるためには継続です)

その為、このプログラムには、以下の内容も付いてきます。

2〜3ヶ月間の準備期間・体験留学後の13のサポート

  1. アメリカの経験を最大限活かすために、どのような準備を日本でしておくべきかのサポート(スカイプ30分)
  2. アメリカに来る際に、気をつける(ビザ・保険を含め)事(書類)
  3. 英語初心者の私がどのように最初、英語を勉強したか(動画・書類)
  4. 英語をどのように一流大学に進学した学生が勉強したのか(動画)
  5. 日本で外国人の友達(英語を伸ばすため)を作るための方法(動画・書類)
  6. リスニングを伸ばす為の作戦(動画・書類)
  7. 英単語を覚える為の作戦(動画・書類)
  8. 留学するために受けなければならないTOEFL(トーフル)テストについての勉強方法を解説(動画x2・書類)
  9. 将来、グローバルに活躍するための目標設定を考える目標設定シートのシェア(書類)
  10. 留学に成功する為の特徴やマインドセットのシェア(動画・書類)
  11. もし留学した時に学費を抑えることの出来る方法をシェア(動画・書類)
  12. 月に1時間までスカイプで相談に対応・質問に回答(スカイプ)
  13. 体験留学後:どのように今後、目標を達成していくかを話し合う(スカイプ30分)

上記によって、高いモチベーションを保ちつつ体験留学にいらっしゃる。その後、その経験を将来に繋げて頂く事を目的とした(私の)オリジナルのプログラムです(はい、非常に特殊で、他で見ることはまずないでしょう)。学生からのコメントは以下に。

時期:2月中旬から3月中旬(3週間以内のどこか)、もしくは8月下旬から9月中旬(3週間以内のどこか)

「こんなプログラムが良い!」・質問がある場合は、気軽にご連絡くださいね。

体験「留学」に興味のある方は、お問い合わせ から連絡下さい。

または、tui36@psu.eduにメーセージをどうぞ。

今まで数人来ましたが、感想はこちら ^^

購読登録


 

最近の記事

カレンダー

2020年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP