サービス

メンタルトレーニング

心のトレーニングこと、「メンタルトレーニング」です。

2つ聞かせていただきますね。

皆様の「夢」は何でしょうか?

それでは、皆様の「目標」は何でしょうか?

もし、夢と目標が違う場合。もし、「夢」の方が「目標」よりも道のりが険しい。

別の言葉で書くと、難しい場合。

それは申し訳ないですが、その夢は叶いません。

「目標は、夢に締め切りがついたもの」と、私は伝えています。

例えば、私はスペイン語を話したいという目標・夢がありました。

その時は、スペイン語を勉強をしていました。

今、私にとってスペイン語を話すことは、ただの夢です。

それは何故でしょうか。

スペイン語の勉強をしていない為、このまま行けば、叶うことは一生ありません

ただの夢です。

しかし、目標を持って、「毎日これだけ勉強する!」と計画を立てます。

「いつまでに達成する!」と時間も決めてあげます。

そして、

初めてその夢は目標に、その目標は叶う可能性のある夢になります。

それでは、どんな目標/夢を立てていこうか?といったように、

「目標設定」に関するセッションを私は、行なっています。

もしかすると、「(スポーツ)心理学」は、皆様にとって少し、うさんくさいものかもしれません。

だって、見えるものではありませんから。

最初、私はそう思っていましたよ。

でも、「根性論」と言いましょうか。

それはもう古いのは、皆様も承知のことでしょう。

専門家でなくとも、正直心理学を語る方々はたくさんいらっしゃいますよね。

例えば、「エンジニア」と聞くと、ちょっと専門的とすぐに感じますよね?

専門外の方だと「あ〜、それはわからない」と。

でも、私はスポーツ心理学もしっかりと専門性のあるもの、と断言します。

プロスポーツ選手やスポーツでトップまで行った選手に

「何でプロになったの?なれたの?」と聞いてみてください。

ほぼ100パーセントの方々が、「努力した」、「辛くても耐えた」、「夢を追いかけて突っ走ってきた」

などと、心理的な事を言うものです

誰も、フォアハンドが上手だから(テニス)、

ドルブルが人よりも早くて鋭いから(サッカー)などと答えません。

メンタル面に問題がある・ないに関係なく、心のトレーニングは必要なのです。

世界のトッププロスポーツ選手でさえ、メンタルコーチをつけていることは珍しいことではありません。

プロスポーツ選手に、メンタルの問題があるのでしょうか?

上達させたい・もっと強くなりたい

とメンタルトレーナー/メンタルゲームコーチを帯同させています。

最後に、「心・技・体」という言葉を皆様、聞いたことあるだろうか。

ほとんどの方々は「はい!」と答えるでしょう。

「技術」と「体を使うトレーニング」はしています。さて、

「心」のトレーニングこと、「メンタルトレーニング」をされていますでしょうか。

多分、あまり「はい」と手が上がる方々は多くないのではないだろうか。

少しでも、「メンタルトレーニング」の必要性を感じて頂けたでしょうか。

私の提供できるセッションはこんなものです。

    • 夢を掴むための「目標設定」
    • やる気(モチベーション)を上げるためのテクニック
    • 試合で最大限の力をつけるための「自信」をつけよう
    • プレッシャーで最大限、力を発揮する準備方法
    • 正しい自分との対話方「セルフトーク」
    • 不安・ストレスへの正しい対処法
    • イメージトレーニング
    • リラクセーション
    • チームワークを上げるチームビルディング

個別の1対1による、カウンセリングを通してのメンタルトレーニングも行っています。

メンタルトレーニングに興味ある方は、お問い合わせから連絡下さい。

メンタルトレーニングの実績 (主な)

  • ハーバード大学       (Harvard University)  (2チーム) 2013〜2014
  • スプリングフィールド大学 (Springfield College)     (4チーム) 2012〜2014
  • マウント・ホリヨーク大学 (Mount Holyoke College)     (1チーム) 2013〜2014
  • ジュニアアルペンスキー強化指定選手  2009〜2011 (リンク)
  • テニスクラブ  2017〜

スポーツ心理学の授業

  • ペンシルベニア州立大学 スポーツ心理学 教員 2018〜
  • ネバダ大学ラスベガス校 スポーツ心理学 講師 2015〜2018

*** ペンシルベニア州立大学では、

「どのように運動のスキルを上手に効率よく獲得することができるか?」という、

「運動学習」の授業を担当(これは博士課程で学び研究した内容です)。

購読登録


 

最近の記事

カレンダー

2020年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP